接骨院と整体院の違いについて

「接骨院・整骨院」について

「接骨院」と「整骨院」は、どちらも ”柔道整復師” という国家資格を取得した者が行っている院になります。

「ほねつぎ」とも呼ばれています。

主に、急性の外傷(骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷や肉離れなど)を対象とした施術を行うことが中心となります。

したがって、痛みの出ている部分、つまりケガをした部分を局所的にかつ直接的に施術するケースが多くなります。

また、健康保険を適用し施術を受けることもできます。

(ただし、骨折と脱臼に関しては、医師の診察が必要になります)

 

「整体院」について

整体院は、特に国家資格を持たなくても行うことができます。

その院の先生が学んだ分野の技術を用いて、民間療法として施術にあたっています。

整体は、背骨や骨盤などにアプローチし、関節の歪みや筋肉の状態を整えるなど、

全身のバランスをみながら全体的に施術することが可能です。

また、健康保険が適用されないため、受診のスタイルが自由となり

痛みがなくても体のメンテナンスとして通院することが可能です。

電話する