肉離れやスポーツ障害の方

肉離れ、筋挫傷の方
テニス肘、ゴルフ肘、肘が痛い方

スポーツをしていて、その競技生活の中で全く痛みを感じたことが無い人はほとんどいないと思います。

中学、高校、大学などの学生スポーツでは、真剣になればなるほどケガや障害のリスクが高まります。

また、健康増進のための生涯スポーツにおいても、その目的は様々ですが、休息やメンテナンスを怠ると体に異常が起こる可能性があります。

痛いからといって運動を休む必要はありません!

スポーツにおいては、練習などで同じ動作をくり返すので、使い過ぎによる筋肉や関節の痛みが現れます。

健康維持のためのウォーキングでも、歩きすぎたり、足のバランスが悪い状態で無理に継続したりすると返って不調になります。

それぞれ大事な目的があって運動を続けているので、そんな簡単に休みたくないと思います。

しかし、痛みをがまんして無理をすると取り返しのつかないことになります。

だからと言って、全ての運動を止めてしまう必要もありません。

どうすれば良いのか?

その痛みの原因は使い過ぎなのか?

体の使い方、動き方に問題があるのか?

どうして痛みが現れたのか見極める必要があります。

使いすぎた場合は、その部分を休養させます。

体の動き方に問題があるなら、動き方を修正する必要があります。

ただ、最近では完全に全身を休ませるのではなく、運動量を調節したり、動かす関節の範囲を限定したり、症状には影響が無い範囲の運動を継続することで競技能力や目標値を落とすことなく早期復帰を目指すようになっています。

当院では、使い過ぎの場合も、動きの問題の場合もどちらにしても完全休養ではなく、できるエクササイズを提供し、早期復帰を目指した施術スケジュールを提案しています。

一度ご相談ください。

トレーナーや指導者向けセミナー講師として活動
受付:9:00~20:00    休み:日・祝
当日のご予約はお電話で承ります

当院で早期復帰をされた方の体験談

▶ 岡部様 10歳代 女性 太田市在住

▶ お悩みや来院理由

バレーボールの試合中に足を捻り靭帯を損傷。

痛みで思うに通学できていないので相談した。

▶ 施術後の感想

足首の外側靭帯損傷で、16日経過しても腫れと痛みは取れず、痛み止めを服用して様子をみるしかない状態でした。

歩けるようになるのか?と不安な日々を過ごしていました。

先生に相談をしたところ、すぐに診て下さり、ゆらし療法を施術していただきました。

足を触れるだけでも痛がっていたのに、施術中は先生にほぐしてもらってあまり痛みを感じることなく、みるみるうちに腫れも引き、いつもの肌色の足に戻っていき、足指も動かせずにいましたが、だいぶ動かせるようになり、とても感激しました!!

先生ご指導の足のトレーニングを毎日続け、施術をお願いし、回復に向け頑張りたいと思います。

またよろしくお願いいたします。

 

※個人の感想であり、施術効果を保障するものではありません